母の愛

秋田杉が目を惹く とある場所
長閑な風景に癒されて昨年描きました。

93歳の義母が肺炎のため入院して約2ヶ月。
600キロの距離はとてつもなく長く感じます。

一か月前に会ったときは
少しの会話が成立したのに
今週は無言の義母に会うことになり・・・

穏やかに微笑んでいたように見えてほっとします。

先週 私は不思議な体験をしました。
テレビの前のソファーで
睡魔に襲われ うつら・うつらと・・・
その時 42インチ画面の右上に
無言の丸い顔らしきものが
ふわ~と見えてすぐに消えました。

えっ・・何?・・目を大きく見開いても
それきりで何も見えません。

でも不思議と恐がりの私が
全く恐怖を感じませんでした。

その2日後 義母は永遠の眠りにつきました。

若い時に夫、娘を病気で
そして長男を事故で亡くし
一人息子になった還暦を過ぎた私の夫を案じて
最後に、「頼みます。」と
云いたかったのかな!?と感じます。

日頃から息子への想いが強い義母を
知っているだけにそう思えてなりません。

いつも見ていただきありがとうございます。感謝♪
にほんブログ村 美術ブログ パソコン絵画へ
にほんブログ村
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

コットンさん
謹んでお悔やみ申し上げます。
最後に会いに来て下さったのですね。
悲しみを分け合える人が側にいるということは
何より心強いことです。
コットンさんの存在は
お母様に取って一番の幸せであったと思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

チカさんへ

> コットンさん
> 謹んでお悔やみ申し上げます。
> 最後に会いに来て下さったのですね。
> 悲しみを分け合える人が側にいるということは
> 何より心強いことです。
> コットンさんの存在は
> お母様に取って一番の幸せであったと思います。
> 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

チカさん 早速の書き込みをありがとうございます。
夫は喪主として最後の親孝行ができました。
義理姉や皆さんに助けられて無事に母を見送ることが出来て良かったです。

こんばんは

コットン様
謹んでお悔やみ申し上げます
義母様は御苦労をされたのですね…
コットン様の旦那様である残された一人息子様やコットン様の存在が心強かったことでしょう。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

No title

コットンさん
謹んでお悔やみ申し上げます。
穏やかに微笑んでいたように見えてほっとしますということなので私も安心しました。

私は今までお義母様のことを何度か聞いたことがありますが…
お義母様もきっとコットンさんには感謝されていとと思います。

これからもコットンさん御夫婦が今までどおり仲良く暮らすことがお義母様には何よりの供養となると思いますよ。

心よりお義母様のご冥福お祈り申し上げます。

由莉さんへ

> コットン様
> 謹んでお悔やみ申し上げます
> 義母様は御苦労をされたのですね…
> コットン様の旦那様である残された一人息子様やコットン様の存在が心強かったことでしょう。
> 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

由莉さん いつも見て頂きありがとうございます。

母の穏やかな顔を見てホッとしました。
いつか・・ 覚悟はしていましたが最後の別れが息子である夫にとって
誰よりもつらかったと思います。
でも最後の親孝行ができてホッとしました。

neneさんへ

> コットンさん
> 謹んでお悔やみ申し上げます。
> 穏やかに微笑んでいたように見えてほっとしますということなので私も安心しました。
>
> 私は今までお義母様のことを何度か聞いたことがありますが…
> お義母様もきっとコットンさんには感謝されていとと思います。
>
> これからもコットンさん御夫婦が今までどおり仲良く暮らすことがお義母様には何よりの供養となると思いますよ。
>
> 心よりお義母様のご冥福お祈り申し上げます。

neneさん ありがとうございます。
幾つになっても息子は息子、心配なんですね。
帰省するごとに温泉へ行ったり、義母ともいろんなお話も出来て良い時間、良い思い出作りが出来ました。

No title

コットンさん
謹んでお悔やみ申し上げます
ご主人様も さぞやお力を落とされていらっしゃる事でしょうね

故郷で待って居てくれる両親が居なくなるのは
本当に悲しく 寂しいものです
心の何処かに 支えとして 生きてきた様に思いますから…

でも 何時も見守ってくれていますよ
肉体は朽ち果てても 魂は永遠に存在すると思うの
コットンさんは 少しの間 霊感が強くなるかも知れないわ
でも その内それも無くなって
懐かしいなぁ!と思える日が来ますよ

No title

お義母さまは息子さんではなくコットンさんの所に会いに来られたのですね。
コットンさんが優しくて頼りになるお嫁さんでいらしたのが良くわかります。
私も母を亡くした時に、母の顔が掛け時計の横にあらわれました。
夢枕に立って片付け物の指示をされたり…
同じだなぁ…なんて思いました。
お義母さま、今も見守っておられると思います。

ご主人様もコットンさんもお疲れでしょうね。
体調壊されないようにお身体ご自愛くださいね。
最後になりましたが慎んでご冥福を御祈り申し上げます。

No title

おはようございます

不思議なことは確かにあります
お義母様が最後に来られたのかも知れないですね
ご冥福をお祈りいたします

うちの母は今、95歳です
近くの病院にいます 何も出来なくなりましたが、
私の事は分かるから、ありがたい事です
今でも母は母  私を支えてくれます

長い距離

***義母様のご逝去心からお悔やみ申し上げます。
かねてからご療養中と伺っておりましたが、ご回復を願っている中、
舞い込んだ訃報に言葉もございません。

お義母様はコットンさんに「息子を頼みます」と来られたのですね・・・
ご苦労されたお義母は、今後を託す為にコットンさんの所へ、
お願いとお礼も言いたかった・・・これが母親の愛ですね・・・

ご冥福をお祈りしますとともに、ご家族の皆様にはご自愛下さい。

コットンさん600Kは長く感じられたことと思います。
ご主人ご家族と歩む、これからの距離はもっと長いですよ~。
お身体を大切に歩み続けてください。

優さんへ

> コットンさん
> 謹んでお悔やみ申し上げます
> ご主人様も さぞやお力を落とされていらっしゃる事でしょうね

優さん いつもありがとうございます。
今回は覚悟をしていたのですが
それでも夫の母を思う気持ちが良く伝わってきました。

> 故郷で待って居てくれる両親が居なくなるのは
> 本当に悲しく 寂しいものです
> 心の何処かに 支えとして 生きてきた様に思いますから…
私もそう思います。
幾つになっても母親への想いは変わらないでしょう。

> でも 何時も見守ってくれていますよ
> 肉体は朽ち果てても 魂は永遠に存在すると思うの
> コットンさんは 少しの間 霊感が強くなるかも知れないわ
> でも その内それも無くなって
> 懐かしいなぁ!と思える日が来ますよ
優さんと夫は同じ考えなんですよ。
魂と体は別で、魂はずっと生き続けると思っています。
最近 私もそう思うようになりました。

夫は二男だったので自由人で
若い時から家よりも外国へ気持ちを向けていた人、ずっと母の心配は尽きなかったと思います。
私へ頼みますと云いたかった気持ちが良く分かります。
霊感のない私の処へ現れたのだから母の気持ちが強いのでしょうね。
野辺の送りを済ませホッとしました。

月夜さんへ

> お義母さまは息子さんではなくコットンさんの所に会いに来られたのですね。
> コットンさんが優しくて頼りになるお嫁さんでいらしたのが良くわかります。
月夜さん いつもありがとうございます。
息子への想いの強さが伝わってきますね。
健康に留意しなければいけないと思います。

> 私も母を亡くした時に、母の顔が掛け時計の横にあらわれました。
> 夢枕に立って片付け物の指示をされたり…
> 同じだなぁ…なんて思いました。
> お義母さま、今も見守っておられると思います。
月夜さんのお母様も現れたんですね。
そうですね、ずっとそばで見守るでしょうね。
母親とはそういうものでしょうね。

> ご主人様もコットンさんもお疲れでしょうね。
> 体調壊されないようにお身体ご自愛くださいね。
> 最後になりましたが慎んでご冥福を御祈り申し上げます。
健康第一と思って気をつけます。
優しいお言葉をありがとうございました。

さくらさんへ

> おはようございます
>
> 不思議なことは確かにあります
> お義母様が最後に来られたのかも知れないですね
> ご冥福をお祈りいたします

さくらさん いつもありがとうございます。
ここの所、振り向いても誰もいないのに私の後を歩く人の気配がしていました。
なので無言でしたけど、義母の気持ちがわかっているので直感しました。
でも本人の処にはまだ出ていないようです。
私自身の親では経験していないんですよ。夢は時々見ますが・・
恐く感じない不思議ってあるものですね。

> うちの母は今、95歳です
> 近くの病院にいます 何も出来なくなりましたが、
> 私の事は分かるから、ありがたい事です
> 今でも母は母  私を支えてくれます
ご高齢ですね、会ってさくらさんを分かってくださるのは嬉しいですね。
会いに行くことが親孝行。
さくらさん ご自愛してくださいね。

両親のことは歳を重ねるごとに良く思い出すようになりました。

mnsuisaiさまへ

> ***義母様のご逝去心からお悔やみ申し上げます。
> かねてからご療養中と伺っておりましたが、ご回復を願っている中、
> 舞い込んだ訃報に言葉もございません。
いつも見ていただきありがとうございます。
今回は回復を望めないとわかっていました。

> お義母様はコットンさんに「息子を頼みます」と来られたのですね・・・
> ご苦労されたお義母は、今後を託す為にコットンさんの所へ、
> お願いとお礼も言いたかった・・・これが母親の愛ですね・・・
義母は時折、夫のことを話していましたので深い愛情を感じていました。
教諭の資格を持ち凛としている母でした。
90歳まではひとり暮らしの気ままな生活を好み 楽しんでいたのですが・・・

夫は母に対して 退職したら迎えに行く約束をしていました。
それも果たせないままになりましたが
最後の親孝行、野辺の送りを済ませホッとしています。

> ご冥福をお祈りしますとともに、ご家族の皆様にはご自愛下さい。
> コットンさん600Kは長く感じられたことと思います。
> ご主人ご家族と歩む、これからの距離はもっと長いですよ~。
> お身体を大切に歩み続けてください。
ご心配をありがとうございます。
健康第一で気をつけます。

No title

義母さまのご冥福をお祈りします。

義母さまはきっとコットンさんに感謝の気持ちを
伝えたかったのではないかと思います。

93歳で亡くなられ、長生きされたようですが
人が亡くなられるということは、
何歳になっても悲しいものですね^^

ごくしげさんへ

> 義母さまのご冥福をお祈りします。

ごくしげさん ありがとうございます。

> 義母さまはきっとコットンさんに感謝の気持ちを
> 伝えたかったのではないかと思います。

義母との会話を思い出すと
息子に対する愛情が強かったと思います。
母親にとって幾つになっても子供なのですね。
夫は優しいところと頑固なところがあり・・色んな意味で心配していたのでしょう。
あなたがついているから安心だといつも言っていましたから・・。

> 93歳で亡くなられ、長生きされたようですが
> 人が亡くなられるということは、
> 何歳になっても悲しいものですね^^
私の両親は数十年前に亡くなりましたので
義母は天寿を全うしたと思います。
もう会えないと思うと寂しいですね。

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

コットン

Author:コットン
パソコン絵画教室
(アトリエ恵)
生徒さんと楽しみながら絵を描いています
水彩ソフト使用

英会話サークルに参加して
リタイア後の人生をエンジョイ♪

時にはのんびり ゆったり
楽しい時間が心のサプリと感じています。 

トイプードル
レオン 15歳
モコ  1歳

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
フリーエリア
line
FC2カウンター
line
リンク
line
sub_line